日本武尊の足跡を追いかける 

asagayashinmei14.jpg asagayashinmei10.jpg asagayashinmei5.jpg asagayashinmei2.jpg tokyo12450.jpg
 
 
 
 
 

東征帰路 日本武尊は武蔵の国へ

 
 
東征を終えて帰途に就いた日本武尊は
常陸の国を過ぎて再び武蔵の国に入りました。

東征の帰路 武蔵の国へ

  
 日本武尊が東征の帰路で立ち寄ったと伝えている神社が都内に数社あります。
  武蔵の国へは新治・筑波を過ぎてから入ったと推測します。その際千葉県の北西部を通過したのではないでしょうか。
 

柴崎神社  千葉県我孫子市柴崎174  GoogleMap

 祭神は天御中主神、素戔嗚尊、日本武尊他4柱です。
 日本武尊が東征の際、ここで武運長久を祈ったと伝えられています。
 
鷲神社     東京都台東区千束3-18-7   GoogleMap

 天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)を祭神としています。
 日本武尊が東夷に行く時はここで戦勝祈願をされました。そして、東征後にも立ち寄り、社前の松に熊手をかけて戦勝を祝ったと言われています。その日が11月酉の日だったため、酉の祭となりました。

 
 
  

 

大鳥神社 東京都目黒区下目黒3-1-2  GoogleMap

 日本武尊、國常立尊、弟橘媛命を祀っています。
 日本武尊は東征の折にここに立寄り、東夷平定と部下の目の病が治ることを祈願しました。後に東国を平定することができ、また、目も治りました。日本武尊は帰途再び参拝し、十握剣(天武雲剣)を献上しました。日本武尊が亡くなるとその霊(みたま)が白鳥となって現れたので「鳥明神」して社を築いて祀りました。

 
 
 

 

鎧神社 東京都新宿区北新宿3-16-18    GoogleMap    

 祭神は日本武命、大己貴命(おおなむちみこと)、少彦名命(すくなひこなみこと)、平将門公(たいらのまさかどこう)です。 
 日本武尊が東征の時、甲冑六具の内をこの地に収めました。

 
 
 

 
 

阿佐谷神明宮  東京都杉並区阿佐谷北1-25-5       GoogleMap  

 天照大御神、月読尊、須佐之男尊、豊受大神を祀っています。          
 日本武尊が東征からの帰途の際の休息地と伝わっています。